【さくらのレンタルサーバ】phpMyAdminへのログインできない!IDとパスワードの確認方法は?

当ブログのリンクにはプロモーションが含まれている場合がございます。
  • URLをコピーしました!
ブログ初心者

phpMyAdminのログインIDとパスワードがわからないけど確認方法ってあるの?

レンタルサーバの移管作業する際に必要な作業の一つにデータベースの転送があります。

そしてデータベースの転送の際に使用するのがphpMyAdminです。

しかし、phpMyAdminを使用するにIDパスワードが必要です。

多くの人にとってphpMyAdminのIDとパスワードの設定なんてした覚えがないと思います。

そこで今回はphpMyAdminのIDとパスワードを確認する方法を、さくらのレンタルサーバを例にして紹介します。

レンタルサーバーの移管を検討している方は、下の記事にて移管にかかるすべての作業をスクリーンショットを用いて説明していますのでぜひ参考にしてください。

【この記事でわかること】

  • phpMyAdminのログインID・パスワードの確認方法
  • phpMyAdminのログインエラー
目次

phpMyAdminとは?

phpMyAdminとは、データベースをブラウザ上で管理する際に使用するツールです。

名前だけ聞くと難しそうな気もしますが、初心者にも簡単に操作することができ、多くの人が使用しています。

【データベース】

構造化されたデータの集まり。
ブログを作成する上でアップロードした画像など。

phpMyAdminのインストール方法は?

さくらのレンタルサーバを使用している場合、もともとphpMyAdminはインストールされているので特に改めてインストールする必要はありません。

他にもエックスサーバーやConoHa WING、mixhostなど主要なレンタルサーバーには元からインストールされていることが多いので特に意識する必要はありません。

万が一インストールされていなかった場合は、下のボタンより公式ページへ移動できるのでそちらからダウンロードしてください。

phpMyAdminのIDとパスワードの確認方法は?

では、ここから本題のphpMyAdminのIDとパスワードの確認方法をさくらのレンタルサーバを例に紹介します。

まず、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルにログインします。

ログインができたら左側のメニューバーから「Webサイト/データ」をクリックし、さらにメニューバーが表示されたら「インストール済み一覧」をクリックします。

インストール済みパッケージ一覧画面が表示されたら、「設定ファイル」欄のリンク(拡張子の最後がwp-config.php)をクリックします。

新しいタブでwp-config.phpファイルの中身を確認できるので、その中から「My SQLデータベースのユーザ名」と「My SQLデータベースのパスワード」という文言を探します。

それぞれ次の段落で「define(‘DB_USER’,’〇〇〇〇‘;」、「define(‘DB_PASSWORD’,’△△△△‘」と記載されていますが、この〇〇〇〇、△△△△の部分がID、パスワードになります。

phpMyAdminのエラーが出た時は?

上記の方法で確認したIDとパスワードであれば問題なくログインできるはずですが、万が一上の画像のようなエラー(1045エラー)が出た場合、IDとパスワードの入力を間違えている可能性があります。

もう一度入力内容に間違いがないか確認をしましょう。

まとめ

・phpMyAdminのIDとパスワードはwp-config.phpファイルで確認できる。
・1045エラーとなった場合はIDとパスワードが間違っている可能性が高い。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次